外科

概要

昨今、医療に対しては、疾患の複雑化のために高い専門性が要求されてはいますが、一方では医師不足などによる医療環境の変化により、多臓器にわたる総合的な診療も要求されるようになりました。当科では、胸腹部の消化器全般を中心に、乳腺・甲状腺疾患等も含めて広い範囲で診療できるよう体制を整えております。診療は、胆石症や鼡径ヘルニアなどの良性疾患,消化管及び肝胆膵領域の悪性腫瘍,緊急手術を要する急性腹症,乳腺・甲状腺疾患などの手術を中心に行っています。手術以外では、救急,癌に対する全身及び局所の化学療法,終末期医療における支持療法に対して積極的に取り組んでいます。外来診療は火曜日以外の午前中で、火曜日及びそれ以外の午後は手術日となっています。急患についてはこの限りではありません。

特色

  1. 癌治療に対しては、科学的根拠を重視し、根治性を追求しながらも生活の質を保つため、可能な症例には鏡視下手術も積極的に行っています。
  2. 鼡径ヘルニアの手術に対しては、再発率を“0”に近づけるため、ダイレクトクーゲル法や腹腔鏡下ヘルニア手術(TEPP法)を行っています。
  3. 癌に対する全身化学療法は、最新のデータに基づいた治療法を選択して行っています。
  4. 肝臓癌に対する抗癌剤の動注化学療法,ステント療法や終末期における支持療法などにも積極的に取り組んでいます。

担当医

兼田  熊本大学医学部 平成2年卒
兼田博
専門分野
  • 一般外科、消化器外科、乳腺外科
認定・所属学会
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本消化器外科学会専門医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医
  • がん治療認定医,暫定教育医
  • 熊本県乳がん検診従事医師
  • 日本外科学会
  • 日本消化器外科学会
  • 日本大腸肛門病学会
  • 日本臨床外科学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本乳癌学会
  • 日本癌治療学会

診療受付時間
  • ※眼科の平日受付は16時までです。
  • ※整形外科の午後の診療は新患及び予約のみとなります。
  • ※耳鼻咽喉科の「嚥下外来」と「補聴器外来」は予約制です。
診療予定表 肝疾患治療の取り組み 西日本病院看護部