脳卒中内科

概要

脳卒中中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血)は日本の死因の第3位、寝たきりとなる原因の第1位を占める疾患です。脳卒中は起こしてしまうと重症で死に至ることも少なくなく、命が助かっても運動麻痺、感覚障害、失語、嚥下障害などの後遺症が残り、生活の質が障害されてしまうことが多い疾患です。当院では脳卒中を起こされた方に対して高血圧、糖尿病、脂質異常症、不整脈、喫煙等のリスクを是正・管理しながら再発予防に努めてまいります。また、障害に対してリハビリテーションを行っていきます。脳卒中の一次予防が大事ですので、リスクをお持ちの方や気になる方はご相談下さい。

担当医

定永 史子 九州大学医学部 平成5年卒
定永史子
専門分野
  • 脳卒中、内科、リハビリテーション科
資格・所属学会
  • 医学博士
  • 日本脳卒中学会
  • 日本神経学会
  • 日本リハビリテーション医学会
  • 日本内科学会

診療受付時間
  • ※眼科の平日受付は16時までです。
  • ※整形外科の午後の診療は新患及び予約のみとなります。
  • ※耳鼻咽喉科の「嚥下外来」と「補聴器外来」は予約制です。
診療予定表 肝疾患治療の取り組み 西日本病院看護部